手根管症候群

手根管症候群について

手根管症候群とは、人差し指や中指にしびれや痛みが生じる病気です。特に朝起きる時に痛みを感じ、痛みによって目が覚める場合があります。

女性に多く見られ、その中でも更年期や妊娠・出産の時期の女性に好発します。

原因

手のひらの付け根にある手根管という管が狭くなり、その中を走っている神経が圧迫され、痛みやしびれの症状があらわれます。突発性で原因不明の場合が多いとされています。

神経が圧迫される要因として考えられるのは、以下のものがあります。

ホルモンの変化によるもの

更年期や妊娠・出産により、手根管内にむくみが生じ、神経が圧迫されると考えられています。

疾患によるもの

糖尿病や痛風、甲状腺機能低下症といった疾患により、手根管内にむくみが生じやすくなり、神経が圧迫されると考えられています。

手の使いすぎによるもの

重いものを引っ張る、指を強く握るなどの動作を繰り返していると、手根管内部の腱が炎症を起こし、手根管が狭くなると考えられています。

外傷によるもの

手首の骨折や脱臼などで、手根管が変形して神経が圧迫されると考えられています。

症状

手根管症候群の主な初期症状は、指のしびれと痛みです。症状が進行すると、親指の付け根の筋肉が痩せ、細かい作業ができなくなります。

初期症状

人差し指と中指にしびれや痛みを感じます。症状がでる範囲は徐々に広がり、親指から薬指にまで広がることがあります。

これらの症状は、手を振ったり指の運動をしたりすると楽になります。

末期症状

症状が進行すると、親指の付け根の筋肉が痩せていきます。指でOKサインが作れなくなるなど、明らかに筋力が低下します。

ボタンをかける、小銭をつかむといった細かい作業が難しくなり、日常生活に支障が出るようになります。

手根管症候群の診断は、手首を叩いた時にしびれや痛みが生じるかを見たり、特定の形で手を保持した時に痛みが生じるかを見たりして判断をします。この他にも、場合によってはMRIやエコー検査を行うことがあります。

治療

手根管症候群の治療法は「保存療法」「手術」の2つです。保存療法を用いることが基本ですが、症状が改善しない時や、筋肉が痩せて腫瘤がある時は手術を行うことがあります。

保存療法

手首を安静に保つための装具を使用したり、ステロイドを手根管の中に注射したりします。また、消炎鎮痛薬やビタミン剤を服薬する場合もあります。

手術

手術は、主に内視鏡によるものを用います。内視鏡手術の場合、傷口が小さいサイズで済み、術後の回復も早いことが特徴です。手根管症候群の症状によっては、切開手術を行うこともあります。医師と相談しながら検討することが大切です。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.