五十肩

五十肩について

五十肩(肩関節周囲炎)とは、肩関節に痛みが生じ、動きが制限される病気です。

腕を上げたり、後ろに回したりする際に痛みが出やすく、洗髪や着替えができなくなるなど日常生活に支障をきたすことがあります。

40代から60代に多くみられ、四十肩や五十肩と呼ばれます。

原因

五十肩(肩関節周囲炎)のはっきりとした原因は不明です。

一般的には、加齢に伴う老化により肩関節の周辺に炎症が起きるためだと考えられています。筋肉や関節が衰えることで血行不良になり、炎症が生じやすくなります。

症状

炎症による痛みや腫れを生じます。症状は「急性期」「慢性期」によって異なります。

急性期の症状

炎症が強く、激しい痛みを感じます。肩や腕を動かさなくても痛むことがあります。また、夜眠れないほどズキズキと痛むことがあるのも特徴です。急性期の激しい痛みの多くは数日で治まり、徐々に鈍い痛みに変わっていきます。

急性期では、無理に肩や腕を動かさず安静にすることが大切です。炎症が原因で痛みを感じることがほとんどのため、患部を冷やすと炎症が治まりやすくなります。

慢性期の症状

急性期の激しい痛みが治まると、慢性期に入ります。慢性期の時は、肩や腕を動かさずに安静にしていると痛みをほとんど感じなくなります。

慢性期では、肩関節の可動域が狭くなってしまう特徴があります。急性期の炎症によって筋肉が収縮し硬直してしまうことと、痛みによりしばらく肩関節を動かせずにいることから、関節が拘縮するためです。この拘縮により、関節の動きが制限されます。腕を上げる動作や後ろに回す動作ができなくなるのは、関節の拘縮によるものです。

肩関節を動かさずにいると、ますます拘縮がすすみ、場合によっては外科的処置が必要になることがあります。慢性期では、無理のない範囲で肩や腕を動かしたり、ストレッチをしたりすることが大切です。また、血行不良にならないために肩周りを冷やさないこともポイントです。

治療

五十肩(肩関節周囲炎)の治療は、大きく分けて「薬物療法」「運動療法」「物理療法」「手術」の4つに分類されます。

薬物療法

激しい痛みを感じる時は、痛みを取り除くための薬物療法を行います。非ステロイド性の消炎鎮痛薬が効果的です。

最近では、ハップ剤やテープ剤などの外用貼付剤も使われます。また、注射による薬剤療法を用いることもあります。

運動療法

痛みが治まってきたら、肩関節の拘縮を防ぐために運動療法を開始します。肩関節を温めながら、無理のない範囲で少しずつ動かしていき、可動範囲を広げていくことが大切です。主に、自宅で行える「振り子運動」と呼ばれる運動を行います。これは、アイロンやペットボトルなどのおもりを用いて、肩関節まわりの筋肉を伸ばしたり縮めたりする体操です。

この運動をしても症状が改善されない場合は、病院は理学療法士によるリハビリを行います。

物理療法

温熱・冷熱療法や超音波療法を行い、筋肉の緊張を緩和して血行を良くします。運動療法を併せて用いることが多いです。

手術

薬物療法や運動療法、物理療法を数ヶ月続けても症状が改善されない場合は、手術を行います。手術によって、固くなった関節の組織をはがします。手術を行うと関節の動きは良くなりますが、その状態を保つためにはリハビリが不可欠です。リハビリをしっかり行わないと、手術前の状態に戻ったり、以前よりも悪化したりする場合があります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.