外反母趾

外反母趾について

外反母趾とは、足の親指が小指の方へ「くの字」に曲がる病気です。

かつては靴を履く欧米に多い病気でしたが、近年は日本での患者数が急増しています。ハイヒールを履くことが多い女性が外反母趾になりやすいと言われていますが、足に合わない靴を履くことで男性も発症する可能性が十分にあります。外反母趾は進行すると、親指に痛みやしびれが生じたり、場合によっては関節が脱臼したりすることがあります。

原因

外反母趾の主な原因の一つが「靴」です。

足に合わない靴やつま先が狭い靴、ハイヒールなどの足を締め付ける靴は足の変形を引き起こします。
関節リウマチや神経麻痺により、外反母趾を生じる場合もあります。

症状

足の親指(母趾)が小指の方へ「くの字」に曲がります。外反母趾になると、多くの場合は扁平足を併発して足のアーチが潰れます。

外反母趾が進行すると、以下の症状が出ることがあります。

タコの形成

足の裏(特に人差し指や小指の付け根)にタコができ、そこに痛みが生じます。これは、扁平足により足のアーチが崩れることで、歩く時に人差し指や小指の付け根に負担がかかるためです。

バニオン

靴があたる親指の付け根部分が腫れて痛みが生じます。この状態をバニオンと言います。

足の変形の進行

外反母趾による足の形態異常から筋肉のバランスが崩れ、歩きにくく疲れやすい状態になります。歩きにくくなると、さらに筋肉のバランスがくずれ、足の変形が酷くなる場合があります。

関節の脱臼

足の親指が人差し指や中指の下に入り込むようになり、これらの指が上に持ち上げられると付け根の関節が脱臼してしまうことがあります。

治療

外反母趾の治療は大きく分けて「保存療法」「手術療法」があります。保存療法は外反母趾の予防にも効果的な内容です。

保存療法

中敷きによる装具療法

一人ひとりの足に合わせた中敷きを専門の技術者が作成します。中敷きは保険を適応して作成することが可能です。
中敷きによって、以下の効果を期待できます。

・痛みや痺れの軽減
・足の変形の進行予防
・足のアーチの矯正
・歩きにくさ、疲れやすさの改善

運動療法

足指体操などで筋力を強化したり、ストレッチをしたりします。家でできるものでは、足の指を使ってタオルを手前に寄せる運動や、両足の親指にゴムを掛けて引っ張り合う体操などがあります。ただし、外反母趾が進行している場合は症状を悪化させる可能性があるため、注意が必要です。

生活指導

靴の見直しや歩き方などの指導を行います。靴は横幅の合ったものを選ぶようにすることが大切です。また、裸足で歩いたり、下駄やサンダルなどの鼻緒がついた靴で歩いたりすることも足の筋力を強化できます。

その他の保存療法

親指と人差し指の間に挟む道具や、親指を内側に引っ張る道具を用いて矯正を行います。ドラッグストアで購入することが可能ですが、足の形を矯正するほどの効果は期待できないため、補助的な矯正装置として用いると良いでしょう。

手術療法

保存療法をしても症状が改善しない場合や、症状が進行している場合は手術を行います。外反母趾の手術にはたくさんの種類がありますが、一般的なものは「中足骨骨切手術(ちゅうそくこつほねきりしゅじゅつ)」と言われるものです。足の甲にある骨を切り、親指の角度を矯正して固定します。角度を矯正することで、足の変形と筋肉のバランスを改善させることが目的です。

手術は適切な麻酔下で行い、概ね1時間〜2時間ほどで終わります。症状によっては、日帰り手術が可能なものから入院が必要なものがあります。手術後は約2ヶ月で骨が癒着し、以前履いていた靴が履くことが可能です。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.