突き指

突き指について

突き指とは、指に強い衝撃を受けたことにより、靭帯や腱が損傷を受けた状態のことを指します。突き指は軽視されがちですが、関節の脱臼や骨折が生じている可能性があるため、病院を受診することが大切です。

原因

指に強い衝撃を受け、靭帯や腱などの組織が損傷することが原因です。ボールを使うスポーツの際に生じることが多いです。

症状

突き指の主な症状は、痛みや腫れ、指の曲がりです。衝撃の強さや方向、指の部位によって症状は異なります。

第一関節の突き指

第一関節の突き指です。第一関節が腫れて曲がっている状態を、マレット指・マレットフィンガーと言います。

第二関節の突き指

第二関節が腫れて曲がっている時は、剥離骨折が生じている可能性があります。

第三関節の突き指

指の付け根に腫れや痛みを生じます。

治療方法

突き指が起きた時は、応急処置(RICE)を施します。

応急処置

RICE(ライス)

肉離れ発生時に応急処置として用いられます。RICEとは、それぞれ英語の頭文字をとったものです。

R…Rest(安静)

痛みを軽減させ、症状の悪化を防ぐために安静にします。

I…Ice(冷却)  

内出血や炎症を抑え、痛みを軽減させるために、患部やその周りを冷やします。 C…Compression(圧迫)   腫れを防ぐために包帯やテーピングで圧迫します。

E…Elevation(挙上)

内出血を防ぎ、痛みを軽減させるために、患部を心臓よりも高くします。 突き指箇所をひっぱる、揉むといったことはしないようにしましょう。 安静にしても症状が良くならない場合は、保存療法を行います。 保存療法ではギプスなどで固定する方法があります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.