腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症について

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)とは、腰椎の内部にある脊柱管(せきちゅうかん)が狭くなり、神経が圧迫されて、ふとももや膝から下の部分にしびれや痛みがでる病気です。

加齢や労働などで、骨や椎間板が変形し、脊柱管が狭くなることで神経を圧迫します。症状が進行すると、歩行可能な距離が短くなる、立ち続けることがむずかしくなるなどの障害が出始め、ひどいときは歩行すること自体が困難になります。

原因

主な原因は加齢です。加齢によって骨や椎間板が変形して脊柱管が狭くなり、脊柱管内部の神経を圧迫することで、下肢にしびれや痛みが生じます。

加齢以外には、労働や背骨の病気が原因となる場合があります。

症状

代表的な症状は、間欠性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる症状です。これは、しばらく歩いていると下肢にしびれや痛みを感じて歩けなくなる状態を指します。前かがみになったり、座ったりすると症状が軽減され、再び歩き始めることができます。症状が進行すると、徐々に連続で歩くことができる距離が短くなっていきます。徐々に下肢の筋力が低下し、場合によっては尿の出に影響を及ぼすことがあります。

間欠性跛行は、圧迫される場所によって症状が変わり、3パターンあります。

神経根型

おしりから足にかけて痛みが生じます。

馬尾型

両足のしびれ、痛み、排せつ障害などが生じます。

混合型

神経根型、馬尾型の両方の症状が生じます。

腰部脊柱狭窄症の診断は、レントゲン撮影やMRI、CT検査などを用います。代表的な症状の間欠性跛行は、他の疾患が原因となることがあるため、必要な場合は造影検査などのより精密な検査を行い、正確に診断する必要があります。

治療

腰部脊柱管狭窄症の治療は、大きく分けて「保存両方」と「手術」の2つです。多くの場合、保存療法で症状が改善します。

保存療法

保存療法には、薬物療法、リハビリ、神経ブロック療法の3つの方法があります。

薬物療法

消炎鎮痛薬を用いて痛みを軽減させたり、ビタミン剤を用いたりしてしびれを軽減させます。

リハビリ

患部の血行を促進させて炎症を軽減させる温熱療法や超音波療法などがあります。他にも牽引療法などがあります。
また、筋力を向上させて腰にかかる負担を軽減させたり、ストレッチや体操で周辺の筋肉を緩めたりすることも有効です。

神経ブロック療法

痛みを軽減させるために、間接や神経に直接ステロイド剤を投薬します。

手術

腰部脊柱狭窄症の手術は、除圧術や除圧固定術があります。
除圧術では、神経を圧迫している要因となっている骨や靭帯を一部削ったり除去したりします。除圧固定術では、除圧に加えて腰椎の固定を行い、腰椎が不安定な時に用いられます。 最近では、身体への負担が少ないMELと呼ばれる内視鏡手術も可能になり、選択肢が広がっています。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.