腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアについて

腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板が正しい位置からずれて神経を圧迫し、腰やお尻に痛みを生じたり、下肢にしびれが生じたりする病気です。

腰椎に負荷がかかり続けることで発症し、20代〜40代の男性に多いとされています。腰椎椎間板ヘルニアは自然に治ることもありますが、症状が進行すると排泄障害を引き起こしたり、下半身麻痺になったりする危険性があるため、病院できちんと診察を受ける事が大切です。

原因

腰椎椎間板ヘルニアの原因は、加齢や悪い姿勢での作業、喫煙などです。20代〜40代の男性によく見られる理由は、腰にかかる負荷が大きい重労働や、長時間の車の運転だと考えられています。
その他には、遺伝によって腰椎椎間板ヘルニアが発症すると言われています。

症状

腰椎椎間板ヘルニアの主な症状は、腰や下肢の痛みとしびれです。痛みは大変強く、動けないほどの痛みに見舞われることがあります。しびれは片側の下肢に生じることが多く、足を持ち上げにくい、動かしづらいといった症状が出ます。
症状が進行すると、排泄障害を引き起こす危険性があるため、放置をせずにきちんと治療をすることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアの診断には、下肢の感覚や痛みを測るテストを行ったり、レントゲン撮影やMRIを用いたりします。

治療

腰椎椎間板ヘルニアの治療は大きく分けて「保存療法」と「手術」の2つです。

保存療法

痛みが強い時期は、患部を動かさないようにして安静にします。痛みを軽減させるために、鎮痛消炎剤を用いたり、炎症が起きている部分に直接麻酔薬を注入する神経ブロックを用いたりすることがあります。
痛みがある程度落ち着いたら、牽引や温熱療法などの理学療法を行います。腰への負担を軽減させるために、コルセットの装着を推奨することもあります。

手術

保存療法を行っても症状が改善されない場合は、手術を検討します。腰椎椎間板ヘルニアの手術では、背中の皮膚を切開して、椎間板から飛び出て神経を圧迫している組織を摘出します。手術の種類によって、切開する範囲が異なり、現在では切開範囲が小さく身体への負担が少ない内視鏡下の手術も行われています。

予防

腰椎椎間板ヘルニアは、日常の動作や姿勢が原因となっていることが多いため、一度治っても再発する可能性があります。日頃から予防をすることが大切です。

予防のためには、以下のことに気をつけると良いでしょう。

姿勢

長時間同じ姿勢を続けないようにしましょう。適度に休憩をとって、身体をほぐすことが大切です。

運転

長時間運転を続けないようにしましょう。

座り方

座る時は、深く腰掛けて背もたれと背骨を密着させるように座りましょう。また、足を組むと腰に負担がかかるため、足は組まないようにしましょう。

身体を曲げる動作

身体を曲げる時は、膝や股関節を曲げて腰に負担がかからないようにしましょう。

体重コントロール

適切な体重を維持し、腰に負担をかけないようにしましょう。

筋力トレーニング

腹筋や背筋など、腰をさせる筋肉を鍛えましょう。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.