半月板損傷

半月板損傷について

半月板損傷とは、膝の関節内にある半月板が損傷し、膝の曲げ伸ばし時に痛みや引っかかりを感じる怪我のことです。症状が酷くなると、膝に水が溜まったり、歩けないほどの痛みに見舞われたりします。サッカーやラグビーなどのスポーツによるものと、加齢によるものがあります。

半月板は一度損傷すると修復しにくい組織のため、病院で適切な処置を受けることが大切です。

原因

原因は大きく分けて2つあります。一つがスポーツなどの怪我により損傷するもの、一方が加齢により傷つきやすくなっている半月板に力が加わり損傷するものです。
スポーツの怪我による半月板の損傷は、サッカーやスキー、ラグビーといった膝が曲がっている状態でひねる力がかかった時に起こりやすいとされています。靭帯損傷と同時に起こる場合もあります。
加齢による半月板の損傷は、弱くなった半月板に力がかかった時に起こると言われており、日常生活の中のちょっとした動作でも損傷してしまうことがあります。

症状

膝の関節を動かす時や、体重をかけた時に膝の痛みを感じます。また、膝を曲げ伸ばしする際に引っかかりを感じたり、階段を降りる時に崩れるような感覚になったりすることも症状の一つです。
半月板損傷の診断には、MRI検査を用います。

治療方法

半月板損傷の治療方法は、大きく分けて「保存療法」「手術」の2つです。損傷の程度によって、手術になるか判断されます。

保存療法

膝に負担がかからないように、安静に保つことが重要です。痛みが強い場合は、患部を冷やす、消炎鎮痛薬を投薬するなどをして、炎症を抑えることがあります。また、膝に水が溜まっている場合は、水を取り除く処置を行います。

手術

痛みに加え、膝が動かないなど、日常生活に支障が出ている場合は手術を適応します。半月板損傷の手術は、半月板縫合術と半月板切除術の2つがあります。

1.半月板縫合術

損傷した半月板を縫合する手術です。スポーツ時の外傷によって半月板が縦に断裂した場合に適応されます。入院やリハビリが長引く傾向があり、スポーツが出来るまで復帰するには、約4ヶ月〜6ヶ月のリハビリが必要です。

2.半月板切除術

損傷した部分を切り取る手術です。加齢によって半月板に変形が見られることが多く、その部分を切除します。縫合術に比べて入院やリハビリ期間が短くなりますが、将来的に変形性膝関節症になる可能性があります。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.