変形性膝関節症

変形性膝関節症について

変形性膝関節症とは、膝関節の軟骨がすり減り、痛みが生じたり水がたまったりする病気です。

女性に発症しやすく、男性に比べ4倍ほど多くみられます。立ち上がりや歩き始めなどの動作開始時に痛むことが多く、症状が進行すると階段の昇り降りや歩行が困難になることがあります。また、脚がO脚に変形してしまい、膝をピンと伸ばすことができなくなる場合があります。

原因

加齢や肥満によって膝関節に負荷が大きくなることが原因です。また、運動不足による筋力低下で膝関節へ大きな負荷がかかることも要因の一つとして考えられます。関節が動かしにくくなるため、運動量が減って体重が増加し、症状の悪化を引き起こす場合もあります。

その他の原因としては、骨折や靭帯の損傷の後遺症や、痛風や感染症の後遺症などがあります。

症状

膝関節の軟骨がすり減り、骨と骨がぶつかるため痛みを生じます。病気の進行によっては、軽度なものから重度なものまで様々な症状を呈します。

初期

膝に軽い痛みを感じたり、関節の動かしにくさを覚えたりします。
レントゲン検査では、明らかな骨の異常は見られませんが、軟骨が徐々にすり減り始め、関節表面が毛羽立ってきます。

中期

正座時や立ち上がる時や階段の昇り降り時に痛みを感じます。また、徐々に脚の変形が始まりO脚が目立ち始め、膝がピンと伸ばせなくなります。
レントゲン検査では、軟骨のすり減りが見られるようになります。

末期

膝を動かさなくても痛みを感じます。O脚など脚の変形がさらに進み、膝を曲げ伸ばしすることが難しくなります。この頃には日常生活に支障をきたし、杖や手すりが必要になる場合があります。
レントゲン検査では、軟骨が完全にすり減っていることが見られます。

 

<検査>
変形性膝関節症の検査は以下のものがあります。
・レントゲン検査、MRI
・血液検査
・関節液の検査

治療

変形性膝関節症の治療は、大きく分けて「保存療法」「薬物療法」「手術」の3つあります。

保存療法

膝関節への負担を軽減することを目的に、筋力の強化といった運動療法や体重コントロールを主に行います。運動療法では、太ももやお尻の筋力強化を図ります。簡単な運動を毎日行い、少しずつ筋力を付けることが重要です。
血行が悪くならないように、クーラーを避けるなど冷やさないようにすることも大切です。

薬物療法

痛みを軽減させるために薬物療法を行います。
炎症による痛みがある時は、非ステロイド性の消炎鎮痛薬を用います。痛みがひどい時は、ステロイド剤を関節に注射することがありますが、副作用が強いため医師と十分に相談する必要があります。その他には、関節軟骨保護のためにヒアルロン酸を関節内に投与する方法もあります。
薬物療法と平行して保存療法を行い、膝関節への負担を軽減させることが大切です。

手術

症状が改善しない場合は、手術を行います。

1.関節鏡視下手術

関節の中を綺麗に掃除して、ぎざぎざになった半月板などの摩耗によって生じた組織を取り除く手術です。痛みを軽減させる効果が期待できます。

2.高位脛骨骨切り術

変形が進んでいるO脚を、X脚気味に矯正する手術です。脛骨を切ってX脚気味に固定します。膝関節の内側にかかる負担を軽減させて痛みをとる効果が期待できます。

3.人工関節置換術

悪くなった関節を人工関節に置き換える手術です。痛みを軽減させる効果を期待できますが、ひざが曲がる角度に制限されるなど運動に支障をきたします。人工関節の耐用年数は約15年と言われています。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.