変形性股関節症

変形性股関節症について

変形性股関節症とは、股関節に痛みが生じ、動かしにくくなる病気です。特に、立ち上がりや歩き始めの時に痛みを感じることが多く、症状が進行すると痛みが強くなり、日常生活に支障が出る危険性があります。変形性股関節症は、進行性の病気のため、疑わしい症状が出たら病院できちんと診断してもらうことが大切です。

原因

変形性股関節症は、原因がはっきりせず、加齢に伴って発症する一次性変形性股関節症と、何らかの原因で発症する二次変形性股関節症があります。欧米では一次性変形性股関節症が多く、日本では二次変形性股関節症が多いとされています。

ほとんどの変形性股関節症は、生まれつき股関節の形が不完全な臼蓋形成不全によって引き起こされると言われています。
股関節に負荷をかけることも変形性股関節症の要因の一つで、長時間の立ち仕事をする人や肥満の人、ハイヒールをよく履く人などは気をつけなければなりません。

症状

変形性股関節症の症状は、主にふとももの表側か側面に生じます。症状の進行具合によって初期、進行期、末期に分けられます。

初期

足の付け根やお尻の部分に重い感じや動かしづらさを感じます。また、立ち上がりや歩き始めの時に痛みを生じます。

進行期

次第に痛みが強くなり、動かさなくても股関節の痛みを感じるようになります。また、靴下が履きづらい、正座がしづらいといった日常生活に支障が出るようになるのもこの時期です。

末期

骨の変形が悪化し、股関節を伸ばすことができなくなり、左右の足の長さに違いが出始めます。この時期になると痛みはかなりひどく、日常生活に大きく支障をきたします。

変形性股関節症の診断は、レントゲン撮影やCT撮影、MRIを用いることが多く、関節リウマチや膠原病との識別のために、血液検査を行うこともあります。

治療

変形性股関節症の治療は、大きく分けて「保存療法」「手術」の2つです。

変形性股関節症は進行性の病気のため、医師と相談して保存療法と手術をどのタイミングで行うのかを十分に検討する必要があります。

保存療法

保存療法では、痛みをコントロールするための薬物療法、体の治癒力を上げるための温熱療法や運動療法の他に、股関節への負荷を軽減させるために生活習慣の改善をします。


具体的には、下記のような工夫を日常的に行うことが大切です。
・床から立ち上がったり、床に座ったりなどの和式の生活を控える
・股関節に負荷がかかりやすいハイヒールを避ける
・長時間の歩行や立ち続けることは避ける
・歩行の際は杖を用いる
・体重のコントロールをする

 

手術

保存療法や生活習慣を行っても症状が改善されない場合や、症状が進行している場合は手術を検討します。変形性股関節症の手術は、「関節温存手術」と「人工関節置換術」の2つの方法があります。

1.関節温存手術

患者さん自身の骨を残して手術を行います。主に行われるのは、骨の一部を切り取って関節の構造を調整する「関節形成術」と、内視鏡を用いて関節内の異常を観察し、診察と治療を同時に行う「内視鏡手術」です。若い患者さんの場合は、関節の機能改善と保存のために、これらの手術を用いることが多いです。

2.人工関節置換術

関節を人工関節に置き換える手術です。痛みの原因となる部分を取り除くため、末期症状でも効果が期待できます。最近では、皮膚や筋肉の切開を最小限にした侵襲性の低い方法が出てきており、安全性も高くなってきています。ただし、感染症のリスクがあるなどの理由から、人工関節置換術を受けられないことがあるため、医師と十分に相談する必要があります。

どちらの手術も、手術後はリハビリをしっかり行い、股関節への負担をなるべく減らすことが大切です。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.