シンスプリント

シンスプリントについて

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)とは、運動時や運動後に下腿(ひざから足首までの部分)の内側に慢性的な痛みが生じる病気です

走ることが多いスポーツをしている人によく見られ、痛みを我慢して走り続けると症状は悪化し、治すことが難しくなります。また、疲労骨折と見分けることが難しいため、自己判断をせずに医師の診断を受けることが重要です。

原因

シンスプリントの原因は、オーバーユースと過労です。繰り返し行うランニングやジャンプにより下腿の筋肉が収縮し、この筋肉がくっついている脛骨に強い牽引力がかかることで、骨の表面を覆う骨膜が炎症を起こします。

下腿の筋肉が収縮する要因は下記が考えられます。


・過度の運動量、運動時間
・運動内容
・硬い地面
・踵が摩耗した靴
・足の形態異常(扁平足、回内足、O脚など)
・筋肉や関節の柔軟性欠如

症状

下腿の内側にうずくような鈍痛が生じます。多くの場合は、運動開始時や運動後に痛みを感じることが多く、症状が悪化すると運動中ずっと痛みを感じるようになります。このまま放置していると、朝起きる時に痛むなど日常生活に支障が出てしまいます。

繰り返し走る練習を行うランナーなどに多く見られる病気ですが、他のスポーツでも新学期に新入部員が急にハードなトレーニングを行ったり、シーズンが始まり練習が開始したりする時にも頻発します。

シンスプリントは初期の疲労骨折と症状がよく似ており、見分け方が難しいとされています。レントゲンを撮っても分からないことがあるため、MRIで検査を行う場合もあります。

治療

痛みが強い時と、痛みが軽い時で治療法は異なります。

痛みが強い時

運動を休止し、安静にします。アイシングや消炎鎮痛剤を用いて、患部の炎症を抑えて痛みを軽減します。

炎症が治まると、リハビリを行います。リハビリでは、筋肉の柔軟性を上げるストレッチや血行促進のための温熱療法を行います。また、筋力アップのためのトレーニングをしたり、エアロバイクや水泳などで筋力を改善したりします。

痛みが軽い時

筋肉の柔軟性を上げるために、ふくらはぎを中心としたストレッチを行います。運動前には軽いランニングなどで十分に体を温め、運動後はクーリングで患部を冷やします。

 

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.