テニス肘

テニス肘について

テニス肘とは、ものを持ち上げる際やタオルを絞る際に、肘の外側が痛む病気です。中年以降のテニスをしている人に見られることが多いため、テニス肘と言われますが、正式名称は「上腕骨外側上顆炎」です。テニスをしている人だけではなく、パソコンを使う人や手を使った軽作業をする人、さらには成長期の子供にも症状が出ることがあります。テニス肘は一度発症すると長引くことが多く、きちんとした処置と、予防が大切です。

  1. 原因

肘の外側にある筋肉を使いすぎることで小さな断裂が入り、炎症がおきることが原因と考えられています。この断裂を修復しようとしている時に腕を動かしてしまい、症状が回復せず長期化することがあります。

症状

ものを持ち上げる瞬間や、ねじる動作の際に肘が痛くなります。また、テニスをする時は、バックハンドでボールを打つ瞬間に痛むことがあります。安静時に痛むことはありません。テニス肘は、テニスなど肘を使うスポーツをしている人や、オフィスでの作業で肘に負担のかかる動作を繰り返す人に多く見られます。

テニス肘の主な診断方法は3つあります。

いずれのテストでも、痛みが出た場合にテニス肘と診断されます。

トムセンテスト

肘を伸ばした状態で手首を反らし、肘の外側に痛みが出るかを調べる

中指伸展テスト

中指をまっすぐ伸ばし、その中指を上から押さえた時に、肘の外側に痛みが出るかを調べる

チェアテスト

肘を伸ばしたまま椅子を持ち上げ、肘の外側に痛みが出るかを調べる

治療

テニス肘は主に「保存療法」と「手術」の2つあります。ほとんどの場合、保存療法で治ります。

保存療法

テニス肘は、肘の使いすぎによって発症しているため、基本的に安静にすることが大切です。スポーツや手を使う作業を控えて、湿布などで炎症を抑えます。痛みが強い場合は、患部にステロイドの注射をすることがあります。炎症がひどい時は、アイシングで患部を冷やすことも効果的です。

また、肘を使いすぎることで周辺の筋肉が硬くなってしまうため、ストレッチなどで硬くなってしまった筋肉の柔軟性を上げて血行を促進することも大切です。
ストレッチはテニス肘の予防にも効果的なため、予防や再発防止に向けて日頃からストレッチを行うように心がけましょう。

ストレッチの方法

手の甲が上になるようにして腕を伸ばす

反対の手で親指以外の4本の指をつかむ

手前に引っ張り、手首をまげる

手術

保存療法をしても症状が改善しない場合、手術を行います。手術には、筋膜切開術や肘関節鏡下手術などがあり、いずれも全身麻酔下で行います。

© 2017 SBC湘南メディカル記念病院 All rights reserved.